専業主婦 カードローン 無収入

1.無収入の専業主婦がカードローンを利用できるの?

金融機関でお金を借りるには、安定した収入が必要ということを聞いたことがある人もいるのでは?
消費者金融などの利用条件を見れば、この条件がしっかりと明記されていて、無収入の専業主婦ではカードローンが利用できないと思ってしまいます。
しかし、これは消費者金融に限った話です。
銀行の利用条件を見ても消費者金融と同じように安定した収入があることが条件となっていますが、銀行の中には専業主婦にも融資をしてくれるありがたい銀行もあります。
専業主婦がカードローンを利用する場合には、消費者金融ではなく銀行での利用を考える必要があります。

 

1-1.銀行系カードローンは総量規制対象外

消費者金融は利用できなくて、なぜ銀行では利用できるのかと思う人もいるのでは?
その理由は法律にあります。
そもそも消費者金融と銀行では適用されている法律が違います。
消費者金融は貸金業者ということもあり貸金業法、銀行は銀行法です。
この貸金業法では総量規制というものがあるために、収入のない専業主婦には原則融資をすることができません。
しかし、銀行は銀行法なので、この総量規制対象外で、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもカードローンを利用することができます。
ただ、どこの銀行でも利用できるわけではないので注意が必要です。

 

1-2.配偶者貸付だから無収入の主婦も借りられる!

専業主婦が銀行カードローンを利用するための条件が配偶者に安定した収入があるということです。
この配偶者に安定した収入があることで融資をすることを配偶者貸付といいます。
配偶者の安定した収入が条件となっているのなら、配偶者の収入証明や同意書などが必要なのではないかと思う人もいるのでは。
しかし、専業主婦でも利用できる銀行カードローンの多くが、配偶者の収入証明書も同意書も必要ありません。
本人確認書類だけで申し込みが可能なのです。
専業主婦といった時点で、夫にある程度の収入があることは誰でもわかることから、特別な書類も必要なく申込みを済ませることができます。

 

専業主婦 配偶者貸付

 

1-3.専業主婦は消費者金融では借りられない

消費者金融は、無人契約機などが全国に設置されていて手軽に利用できることから、この金融機関でお金を借りたいという人もいるのではないでしょうか。
しかし、消費者金融では総量規制があるためにお金を借りることができません。
実は、この総量規制には例外というものも設けられています。
その中には配偶者貸付もあり、消費者金融でも専業主婦が利用できる可能性はあります。
ただ、この消費者金融の配偶者貸付では、夫の収入証明書や同意書、婚姻関係を示す書類が必要になり、この手続きの面倒さから、大手消費者金融ではこの配偶者貸付を受け付けていないようです。

 

1-4.消費者金融は貸金業法に基づく総量規制の対象になる

専業主婦は総量規制があるために消費者金融を利用できないのですが、そもそも総量規制とは何?と思っている人もいるのではないでしょうか。
この法律は消費者金融や信販会社のような貸金業者に適用される法律で、消費者金融は貸金業法に基づく総量規制の対象となっています
この総量規制では、利用者の年収の三分の一までしか融資をしてはいけないというもので、対象は貸金業者全てとなります。
そのため、他社で年収の三分の一近く借り入れをしているという人は、新たに別の貸金業者からはほとんど融資をしてもらえないことになります。
この総量規制では年収によって融資額を決めることから、そもそも収入のない専業主婦では対象外となってしまうのです。

2.無収入の専業主婦におすすめの銀行系カードローン

消費者金融は即日融資にも対応しているところが大きな魅力です。
今日中に何とかお金を用意しなくてはいけないという時でも、消費者金融を利用してお金を借りることができます。
そのため、無収入の専業主婦の人の中には、急にお金が必要になっても銀行系カードローンでは無理と諦めている人もいるのではないでしょうか
しかし、最近では銀行でも消費者金融並みのサービスを提供しているところは多くあります。
大手銀行は、大手消費者金融を傘下としているため、消費者金融同様の審査スピードがあり、しかも消費者金融よりも低金利なのが銀行系カードローンのメリットです。

 

2-1.即日利用もできるから人気!

無収入だからお金は借りられないとあきらめていた人の救世主が銀行です。
銀行では大手消費者金融会社同様の即日融資というサービスを提供しているところもあり、専業主婦には大きな助けとなってくれ人気となっています。
毎日家事や育児で頑張っている私にご褒美をあげたいという時もありますよね。
しかし、毎日の生活がカツカツといった状況ではそんな贅沢はできません。
銀行系カードローンを利用することで、欲しかった限定品などでも購入することができます。
多くの銀行カードローンが、10万円程度の借入なら、毎月数千円程度の返済なので気軽に利用することができます。

 

2-2.カードローンの利用は配偶者にバレる?

専業主婦が利用できる銀行系カードローンは、ほとんどが本人確認書類だけの提出で申込みの手続きを済ませることができます。
そのため、夫の収入証明書や同意書なども必要ありません。
夫への在籍確認もないことから、配偶者にバレることなくお金を借りることができます。
ただ注意してほしいのが、郵便物や返済です。
銀行によっては、カードや契約書などが送られてきます。
そのため、審査に通った後は、この郵便物を配偶者に知られないようにする必要があります。
また、返済が滞れば、当然のことですが、銀行から催促の電話や郵便物が届くことになるので、毎月の返済は確実にしていきましょう。

 

2-3カードローンを利用した主婦の口コミ体験談

エステに通うために、みずほ銀行のカードローンを利用したといった声を見ることができました。
自分の貯金だけで通うつもりだったのが、痩せるためのドリンクやマッサージジェルなども購入することになってしまい、予定していたお金では足りなくなったようです。
この人は郵送を利用して申込みをしたそうで、審査結果は一週間も待たずにきたそうです。
通常、郵送では時間がかかるものですが、この口コミを見る限りではみずほ銀行の審査スピードの速さがうかがえます。
この人のように、自分のためにカードローンを利用している人も多く、便利なカードローンを上手く利用して、楽しい生活を送っていきましょう。

3.配偶者も無収入の場合は専業主婦もカードローンの利用は不可能

専業主婦でもご利用いただけると、はっきりと明記している銀行などもあり、専業主婦でも銀行はお金を借りやすい金融機関です。
ただ、専業主婦だからといって、配偶者が無収入では利用することができません。
これは当然のことで、どこの銀行でも全く収入がない家庭にお金を貸してはくれません。
銀行カードローンは消費者金融よりも低金利ですが、それでも他の目的ローンと比べるととても高い金利設定となっています。
そのため、収入がない状態で、もし利用できたとしても、すぐに返済ができなくなり、最悪の場合には自己破産などのような債務整理をすることになってしまいます。
カードローンはとても便利な存在ですが、今の家計の状況もよく考えて計画的な利用が大切です。