専業主婦 カードローン 複数

1.専業主婦の複数カードローン利用について

専業主婦の借入はどうしても利用限度額が低く設定されるため、もう少し多くの借入をしたいと考えている人も多いと思います。
多くの銀行カードローンでは、専業主婦への融資は30万円か50万円までに制限しています。
どの銀行カードローンも一般的な限度額は数百万円となっていますから、専業主婦であれもっと多くのお金を借りたいという気持ちもわかります。
その場合、他の銀行カードローンへ申し込んで、新たに借入しようと考える人もいるでしょう。
しかし、融資額を増やすために他社から借りるというのはリスクも伴うことがあるため、専業主婦が複数カードローンを利用する時には慎重な行動が必要です。
このページでは、専業主婦が複数カードローンを利用するということについて解説していきます。

 

1-1.2社を超える利用は難しい

1社の利用限度額が少なくても、複数社から借りれば多くのお金を借りられることになります。
1社の利用限度額が10万円でも、3社から借り入れをすれば30万円借入れができることになりますよね。
収入のない専業主婦は総量規制のある消費者金融からの借り入れは難しいのですが、銀行にはこの総量規制がないため、多くの銀行カードローンが専業主婦も融資対象としています。
そのため、複数の銀行カードローンを利用すれば多くのお金を借りるということも可能だと思ってしまいます。
しかし、専業主婦が利用できるのは2社までと考えておきましょう。
それ以上申し込んだとしても、まず審査には通りません。
また、複数のカードローンに申し込むだけでも大きなリスクを背負うことになるます。

2.複数のカードローンへの申し込みは要注意

複数社のカードローンに申し込むだけなら問題ないと思っている人もいるかもしれませんね。
また、2社以上のカードローンを利用していることを申し込みの時に記入しなければ、バレないと考えている人もいるかもしれません。
しかし、過去にどこの金融機関に申し込みをしたのか、今どこのカードローンを利用しているのか、どのくらいのお金を借りているのかは、金融機関であれば調べることができます。
そのため、申し込みの時に利用している金融機関や借入額をごまかしたとしても、すぐにバレてしまうということです。
複数のカードローンへの申し込みは金融機関からの信用を失うこともあるので要注意です。

 

カードローン 複数

 

2-1.申し込み履歴が信用情報に記録される

他社への申込や借入額などがなぜバレるのかと思っている人も多いと思います。
金融機関を利用すると、必ず個人信用情報機関にその情報が伝えられます。
この信用情報機関に記録されている情報を信用情報といい、各金融機関は申し込みを受ければ、必ず信用情報を確認します。
信用状情報はいつ申し込みをしたのか、その申込によって審査に通ったのか落ちたのか、通った場合にはどのくらいの借入をしたのか、今の返済状況など、申込記録から個人情報、借入れ状況まで、様々な情報が記録されることになります。
そのため、他社の借入状況をごまかそうとしてもすぐにバレてしまうのです。

 

2-2.他社借入が審査の重要なポイントに

カードローンの審査で重要なポイントの一つが他社からの借入です。
他社からの借入件数が多いとどうしても審査では不利になります。
収入がない専業主婦が複数社からの借入をしてしまうと、返済が滞る可能性もあるため、審査も慎重になります。
そのため、専業主婦が他社の借入を増やすことは、審査に通りにくい状態を自ら作ることになります。
信用情報は、カードローンの審査だけに影響するものではありません。
自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなど、様々なローンを利用するときにも信用情報が確認されます。
そのため、今後これらのローンの利用を考えている人にとっても、カードローンの借入は慎重におこなう必要があります。

 

2-3.審査結果も信用情報に残る

信用情報には様々な情報が記録され、審査結果も信用情報に記録されます。
審査に落ちた場合でも記録されるのです。
審査に落ちれば、借入額が増えるわけではないので問題ないと思う人もいるかもしれませんが、この情報も審査には大きな影響を与えます。
他社で審査に落ちるということは、何か問題がある人と金融機関は考えるため、どうしても審査に通りにくい状態となってしまうのです。
そのため、安易に申込みをすることは避ける必要があります。
安易に複数社に申し込みをすることにより、どこの金融機関からも相手にされない状態となってしまいます。

3.新たな申し込みと利用限度額の増額どちらが良い?

では、どうしても借入額を増やしたいという時にはどうしたらいいのでしょうか?
むやみに申し込みをすることにより、信用情報に記録されてしまい審査に通るのが難しくなることがあります。
融資額を増やす方法は、他社からの借入を増やすことだけではありません。
もう一つ、増額をしてもらうという方法があります。
増額とは、今利用している金融機関の利用限度額を増やしてもらうということです。
仮に増額をしてもらえば、今以上にお金を借りることができますし、他社からの借入額を増やさなくても済みます。
ここからは、増額と他社に新たな申し込みをする方法とでは、それぞれにどのようなリスクがあるのかを解説していきます。

 

3-1.増額否決で限度額の引き下げや利用停止になる事も

他社の借入を増やすことは、信用情報に傷が付く可能性が高く、増額を考える方がリスクが少ないと考えられます。
しかし、増額申請することで限度額の引き下げや利用停止になることもあると覚えておきましょう。
他社からの借り入れが増えていたり、延滞などを繰り返しているという人が増額申請をすると、そういったリスクが伴うことがあります。
また、専業主婦の場合には、利用限度額が少額に限定されているため、増額申請をしたとしてもそれ以上の借入をすることができないケースもあります。
仮に限度額の上限まで余裕がある場合でも、少しの金額を増額するために、限度額引き下げや利用停止といったリスクは高すぎると考える人もいるのではないでしょうか。
あくまでもこれは最悪なケースであり、他社からの借入が増えていない、確実な返済を続けているという人にとっては、他社から借り入れをするより増額の方がリスクは少ないと考えられます。

 

3-2.新たな申し込みにもリスクはある?

増額することでのリスクを考えると、新たな申し込みの方がいいと思う人もいるかもしれませんね。
しかし、増額のリスクは新たな申し込みの際でも同じことがいえます。
2社以上の借入れをしている状態で申し込みをしても審査に通るのは難しく、その申し込みで審査に落ちてしまえば、信用情報にその情報が記録されてしまい、さらに審査に通るのが難しい状態となっていきます。
まだ1社からの借入しかしていないと人でも、その審査に落ちてしまえば信用情報に傷が付きますから、慎重に申込みをしましょう。
くれぐれも安易に申込みをすることだけは避けるべきです。

4.複数のカードローンへ申し込むときの注意点

複数のカードローンの利用を考えている場合、いくつかの注意点があります。
重要になるのが信用情報の記録です。
信用情報には様々な情報が記録されてしまい、とても厄介な存在だと思っている人がほとんどではないでしょうか。
しかし、信用情報が強い味方となってくれることもあります。
審査をする時には信用情報が必ず確認されるのですが、確かな返済を続けていることが確認できれば、カードローン会社からは大きな信用を得ることができます。
複数のカードローンの利用を考えている人は、カードローン会社から信用を得られるような信用情報にすることが重要なポイントです。

 

4-1.借入後の返済

カードローン会社から大きな信用を得るためには信用情報の記録が重要になります。
そのため、今利用しているカードローンの返済はとても重要です。
カードローンを利用していると、うっかり返済を忘れてしまうことがあります。
しかし、このうっかりが信用を大きく落としてしまいます。
今の返済が確実にできていない状態では、他社からの借入は難しいです。
今利用しているカードローンの借入を確実に返済してこそ、信用を得ることができます。
複数のカードローンの利用を考えている人は、まず今の返済を確実にしていき、信用情報に傷をつけないようにしましょう。

 

4-2.申し込みブラックに要注意!

借入れの返済の他に重要なのが申し込みブラックです。
新たにカードローンに申し込みをする時にはこの申し込みブラックには注意をしましょう。
申し込みブラックとは、短期間に複数のカードローンに申し込みをすることを言います。
申し込みをするだけでも信用情報に記録をされます。
審査では申込件数も重要なポイントとなるため、申し込みをする時には1社ずつ申し込みをすることをおすすめします。
もし審査に落ちたとしても、6ヶ月経過すれば、申し込みの情報は信用情報から消えることになるので、申し込みブラックを防ぐことができます。
2社目の申し込みは、時間をかけてゆっくりとしていくことが大切です。