専業主婦 カードローン 限度額

1.タイプ別で決まる主婦向けカードローン

主婦といっても、パートやアルバイトをしているという人もいますし、カードローン利用時に夫の同意を得られる人もいれば、内緒にしたいという人もいるでしょう。
この違いによって3タイプにわけることができます。
すなわち、仕事をしている主婦、収入がなく夫に相談できない主婦、収入はないが夫の同意が得られる主婦にわけることができ、それぞれ利用できるカードローンも違ってきます。
パートやアルバイトなど仕事をしている主婦なら、基本的にどのカードローンでも利用できます。
収入がなく夫に内緒で利用したいという人なら銀行カードローン、収入がなく夫の同意が得られるのであれば中小消費者金融を利用することもできます。
このページでは、それぞれのタイプ別に利用できるカードローンについて解説してきます。

2.無収入・無職の専業主婦が銀行カードローンを利用できる理由

収入のない主婦は銀行カードローンを利用するのが一般的なのですが、本当に無収入・無職の専業主婦でも大丈夫なのか不安に思うかもしれません。
しかし、専業主婦を融資対象としている銀行カードローンなら利用可能です。
具体的に、専用主婦を融資対象としている銀行は三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの大手銀行をはじめ、楽天銀行といったネット銀行もあり利用しやすい環境です。
専業主婦は、夫の収入だけで生活しているため、それだけで夫の収入が多いということがわかり、銀行から大きな信用を得ています。
この信用が無収入・無職の専業主婦が銀行カードローンを利用できる理由です。

 

2-1.銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制は消費者金融などの貸金業者に適用される法律で、銀行には適用されません。
そもそも銀行は銀行法に基づいて営業しているため、消費者金融とは適用される法律が異なります。
では、総量規制とはどういうものかと言うと、年収の1/3までしか借入できないという決まりのことです。
銀行カードローンの場合、この規制がないために収入のない専業主婦も利用できるのです。
一方、消費者金融は総量規制の対象となるため、自身に収入ある方しか利用できません。

3.専業主婦の限度額ってどれくらい?

専業主婦がお金を借りられるといっても、どの程度融資してもらえるのかが気になりますよね。
銀行カードローンの専業主婦の限度額は、大抵が30万円から50万円の間です。
どの銀行カードローンに申し込みをしたとしても、高額な融資を受けることはできません。
とはいえ、専業主婦の借入としては十分な金額ではないでしょうか?
生活をしていれば冠婚葬祭や子供の教育費によって急にお金が必要になることもありますし、たまには息抜きに旅行に行きたいということもあるでしょう。
専業主婦の限度額が少ないように感じる人もいるかもしれませんが、30万円や50万円の限度額でも、十分な助けとなるはずです。

 

専業主婦 限度額

 

3-1.限度額の増額はできる?

専業主婦が銀行カードローンから借りられるのは、大抵が30万円から50万円と説明しました。
しかし、これはあくまで目安ですから、人によっては10万円の利用限度額を設定されることがあります。
10万円の利用限度額が設定された時には、増額したいという人もいるかもしれません。
では、専業主婦が限度額の増額をすることは可能なのでしょうか?
基本的には、どのカードローンでも増額は可能です。
ただし、増額をしてもらうためにはカードローン会社からの信用を得る必要があります。
利用頻度が多いにも関わらず、確実な返済を続けているという人は、カードローン会社から大きな信用を得ることができます。
計画的にカードローンを利用して信用を得れば、限度額を引き上げてもらえる可能性があります。

4.専業主婦もOKの配偶者貸付について

お金を借りるのなら、銀行ではなく消費者金融を利用したいという人もいると思います。
銀行は低金利なのですが、一般的に審査が厳しというイメージがあり、「審査が甘い」と言われる消費者金融を利用したいという人は多くいます。
専業主婦が消費者金融を利用するためには、総量規制の例外としてもうけられている配偶者貸付を利用する必要があります。
ただし、配偶者貸付を利用するには、住民票などの婚姻関係がわかる書類、本人確認書類、配偶者の同意書、場合によっては収入証明書も必要になります。
一般的なカードローンの利用時よりも多くの書類を準備する必要があるのです。

 

4-1.配偶者貸付OKの業者って少ないの?

配偶者貸付を利用して借入する場合には、多くの書類を準備する必要があります。
この書類を揃えるのが面倒と感じてしまいますが、これは消費者金融も同じです。
実は、大手消費者金融は配偶者貸付を受け付けていないのですが、その理由が処理手続きに時間を取られるためだと言われています。
そのため、配偶者貸付を利用するのであれば、一部の中小消費者金融へ申し込まなくてはなりません。
「配偶者貸付」という制度はあるのですが、実際にそれを利用できる業者は少ないのが現状です。
配偶者の同意が得られたとしても、書類の準備や申込可能な消費者金融探しなど、借入までにはいくつかのハードルがあるのです。

 

4-2.配偶者貸付で借りられる金額は?

銀行カードローンだと、専業主婦の限度額は30万円か50万円に限定されていました。
では、消費者金融の場合はどうなのでしょうか?
配偶者貸付は夫婦の年収を合算して、その年収の3分の1までの借り入れが可能です。
しかし、専業主婦は収入がないため、夫の年収の3分の1までということになります。
そのため、銀行よりも多くのお金を借りられる可能性があります。

5.消費者金融のレディースキャッシングの特徴とは?

アルバイトやパートをしている主婦であれば、銀行カードローンでも消費者金融でも申し込みが可能です。
銀行カードローンは金利が低い一方で審査は厳しいため、パート主婦の中には消費者金融を選ぶという人もいるでしょう。
消費者金融の審査へ申し込む際、大手消費者金融なら自動契約機を利用することができ、スタッフと顔を合わせることなくお金を借りることができます。
しかし、中小消費者金融だと自動契約機を設置しているところはなく、直接店舗に行ってお金を借りる必要があるのかと思ってしまいますよね。
大手消費者金融は知名度が高く安心できるという人も多いのですが、中小消費者金融は名前も聞いたことがないので何かと不安を感じてしまいます。
そんな時、主婦の強い味方になってくれるのがレディースキャッシングです。
レディースキャッシングとは、女性専用のキャッシングのことで、女性でも利用しやすい環境が整ったサービスです。

 

5-1.女性の担当者が対応してくれる

レディースキャッシングの特徴として対応してくれる担当スタッフが女性である点が挙げられます。
消費者金融の男性スタッフはなんとなく怖いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
名前も聞いたことがない消費者金融ならなおさらですよね。
レディースキャッシングは、女性の担当者が対応してくれるので、電話で申し込みをする際にも気軽に話ができるように工夫されています。
はじめて消費者金融を利用する人、中小消費者金融は怖いというイメージを持っている人は、レディースキャッシングの業者を利用すると安心して申込みをすることができます。

 

5-2.無利息期間サービスがある

中小消費者金融と聞くと、サービスは期待できないと思っている人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融なら自動契約機が利用できますし、無利息期間サービスや即日融資にも対応し、利用者の強い味方となってくれる存在です。
中小消費者金融にこれほどのサービスを求められないと思っている人もいるかもしれませんが、こういったサービスを提供しているのは大手だけではありません。
中小消費者金融でも無利息サービスや即日融資に対応しているところもあり、大手消費者金融よりも利用しやすい業者もあります。
知名度が低いためにどうしても不安もありますが、夫の同意が得られる専業主婦は中小消費者金融も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。