専業主婦 カードローン 審査

1.専業主婦のカードローン審査とは

専業主婦向けカードローンといった金融商品が多く出回っていることもあり、専業主婦や学生など自身に収入が無い人であっても現在は融資を受けられるようになっています。
とは言っても、誰に対しても無条件で融資を行うほど銀行も優しくはありません。
融資を行うかどうかの判断には最低限の条件があり、これを満たした顧客に対してのみ貸付が行われます。
具体的には、収入の有無、個人信用情報、そして信頼度が審査結果を左右する要因であると言われています。
ただし、後に説明しますが、銀行系カードローンを利用するのであれば収入の有無はそれほど影響しなくなります。

 

1-1.パートやアルバイトなどで収入がある専業主婦の場合

実は、融資を受ける際には銀行からお金を借りるか、それとも消費者金融や信販会社といったノンバンクから借入をするか、という2種類の方法があります。
それぞれ「融資を受ける」という点では同じですが、総量規制がかかるかどうか、という点で異なります。
ノンバンクは貸金業法の総量規制という法律を基にして融資を行っています。
総量規制とは、「年収の3分の1以上の額の貸付をしてはいけない」とする制限で、これがあるため無収入の人はアコムやプロミスといったノンバンク系金融業者から融資を受けることができません。
しかし、銀行の場合には銀行法という別の法律があるため総量規制の対象外となり、法的には無収入の人に融資をしても問題となりません。
このような違いがあるため、パートやアルバイトで収入がある主婦の方が専業主婦よりも、借入先の選択肢が広くなる、と言えるでしょう。

 

1-2.本人は無収入で配偶者に収入がある主婦の場合

貸金業法総量規制の下では、原則として「その人」に収入があるかどうかが問題となるため、例え配偶者に収入があっても本人は無収入だとノンバンク系金融業者からお金を借りることはできません。
ただし、この定めには例外があり、これが後に説明する「配偶者貸付制度」という制度です。
この制度を使うのであれば、自身に収入が無かったとしても夫に収入があれば消費者金融業者、信販会社などから融資を受けることができる可能性があります。
ただし、業者によってはこの制度を使って貸付をすることを嫌がるところもあるため事前にリサーチしておいた方が良いでしょう。

2.専業主婦がカードローン審査に通るためのポイント

専業主婦の場合には、ノンバンク系カードローンを利用することができないため、必然的に銀行系カードローンを選ぶことになるかと思います。
しかし、どこのカードローン業者でも良いのか、と言うとそういう訳ではなく、基本的には専業主婦向けカードローンの中から選ぶことになるでしょう。
一般利用者向け銀行系カードローンでも法的に融資を行うことに問題はありませんが、銀行側はやはり無収入の人に融資をするのを回避する傾向があります。
首尾よく利用するカードローンを選んだら次は申請を出すのですが、ここでの注意点とは何でしょうか?

 

専業主婦 カードローン審査

 

2-1.一度に複数のカードローンに申し込みしない

「ブラックリスト」というものは知っている人も多いのではないでしょうか?
金融事故を起こしてしまったり、返済遅延があまりにも酷い顧客は所謂ブラックリストに名前が登録されてしまいます。
しかし、「申し込みブラック」という言葉を知っている人は案外少ないのではないでしょうか?
実は、カードローンに限らず、金融商品の利用申請を出した際には個人信用情報会社というところにその申し込み情報が登録されます。
カードローンの審査時には、この申し込み情報も参照されるため、同時に何社ものカードローン利用申請を出してしまうと審査に通り辛くなってしまいます。

 

2-2.申込内容は嘘なく正確に

カードローンの利用申請を出す際には、大まかな年収、他社借入額、他社借入件数などを記入する必要があります。
申請時にこれらを裏付けるための書類提出を求めていないところが多いのですが、だからといって虚偽の記載をすることだけは絶対に止めましょう。
実は、これらの情報の裏付けは個人信用情報でできてしまいます。
では、なぜ既に知っている情報を顧客に書かせるのでしょうか?
その理由を明記しているところはありませんが、その顧客が正直に情報を書いているかどうかで信頼度を判断しているとも言われています。

 

2-3.配偶者貸付の審査基準とは

先程、貸金業法総量規制の例外として配偶者貸付制度があると説明しました。
配偶者貸付制度とは、カードローンの利用申請時に配偶者の収入証明、結婚証明、配偶者の同意書を提出することでノンバンク系カードローンの利用が可能になるという制度です。
ただし、本来であれば本人だけの信用情報がカードローンの審査対象となりますが、配偶者貸付制度を利用すると本人に加えて配偶者の信用情報も審査対象に含まれてしまいます。
なお、信用情報の審査基準は緩くなることはなく、一般利用者向けカードローンと同程度の基準が用いられるため、人によっては審査に落ちてしまうケースもあります。

 

2-4.配偶者貸付で審査落ちする事もある?

配偶者貸付制度を利用すると、本人の信用情報だけでなく、配偶者の情報も審査時に参照されてしまうのですが、これが原因で審査落ちしてしまうことも報告されています。
例えば、自分は今まで金融事故を起こしたことが無く、クレジットカード等の返済も遅延させたことが無かったとしても、配偶者がブラックリストに入ってしまっていたり、クレジットカードの悪徳利用者だったとすると、自分に非が無くとも審査落ちしてしまう可能性があります。
配偶者貸付制度を利用する際は、配偶者の信用情報を確認しておくことをおすすめします。

3.専業主婦が審査に通りやすい銀行系カードローン

現在、多くの銀行が専業主婦をメインターゲットにしたカードローンを出しています。
これらは、金利、利用上限額の面ではあまり優遇されていませんが、夫に内緒でカードローンを利用したいと考えている専業主婦へのサポート体制で優れており、人気が出てきています。
例えば、本来ならば郵送で送られてくるカードを、窓口受取にしたり、そもそもキャッシュカードとの一体化でカード自体を無くす、自宅への電話を控えたりと、様々な夫バレのリスクを無くしています。
特にオススメのカードローンは、楽天銀行スーパーローンと三菱東京UFJ銀行カードローンです。
どちらも専業主婦向けカードローンにしては低い利率、毎月3,000円という約定返済額、そして自由度の高い返済日設定が特徴です。
また、楽天銀行スーパーローンであれば楽天銀行の口座を持っていることで特典も得られるためとてもオススメできます。

 

3-1.審査に通った専業主婦の口コミ体験談

「カードローンは収入のある人しか使えないんじゃないかと思っていたため、実際に申請してみて許可がおりたことに驚きました。私が利用しているのは楽天銀行スーパーローンで、キャッシング枠が10万円までの少額融資ですが、専業主婦であればそんなにお金を使う事もあまりないため、これで満足しています。月々の返済額も3,000円から設定できるため、家計を圧迫せずに返済を進めていけるのも専業主婦にとって嬉しいポイントですよ。(30代女性・専業主婦)」