専業主婦 カードローン 限度額

1.専業主婦が利用できるカードローンの限度額を徹底解説!

基本的に、専業主婦の場合には専業主婦向け銀行系カードローンを利用することになります。
このようなカードローンは、無収入であっても利用できるというメリットがありますが、一方で金利面や利用上限額の面で不利な契約となっています。
多くのカードローンで、金利は法律で定められている上限付近、そして利用上限額は10万円と定めてられています。
しかし、専業主婦向けカードローンには、夫に内緒でカードローンを利用するためのサポート体制が優れているなど顧客サービスが充実しており、これが人気を後押ししている理由の一つでもあります。

 

専業主婦 カードローン 限度額

 

1-1.収入の無い専業主婦も借りられる総量規制対象外とは

融資を受ける際には、総量規制というものがかかってくる場合があります。
これは、アコムやプロミスなどの消費者金融、信販会社からお金を借りる際にかかってくる規制のことを指します。
総量規制の下では「その人の年収の3分の1以上の額」を貸付けることはできないため、必然的に無収入である専業主婦は利用することができません。
しかし、銀行からの融資であれば総量規制の対象外であるため専業主婦への貸付は法的には問題になりません。
とは言っても、専業主婦に対して無条件に融資をしてくれる銀行は多くはないため、事前に調べておく必要があります。

 

1-2.配偶者貸付は配偶者の収入によって限度額が変わる

ノンバンクからお金を借りる際には総量規制がかかってしまうため、原則として無収入の専業主婦はノンバンク系金融業者からお金の借入を行うことができません。
パート収入がある主婦の場合にはもちろん、ノンバンク系カードローンも利用可能です。
ただし、この決まりの例外として配偶者貸付制度というものがあります。
これは、カードローンの利用申請時に、配偶者の年収、結婚証明、配偶者の同意書を加えて提出することで、「世帯収入の3分の1までの額」の融資をノンバンクから受けられるようにする制度です。
もちろん、通常通り審査は行われるため審査に通る必要はありますが、配偶者貸付制度を利用することで借入先の選択肢が増えることは言うまでもないでしょう。

 

1-3.利用可能限度額は審査時に決定する

では、利用限度枠はどの段階で決まるのでしょうか?
カードローンの利用申し込みを出す際にこちらの希望額を記入する欄も提出書類にはあるのですが、利用限度額は配偶者の年収や信用情報などを基にして審査の中で決定されます。
審査時に、最初に記入した希望額を汲み取ってくれる場合も一般利用者向けカードローンであればありますが、専業主婦向けカードローンの場合には無条件で10万円までのキャッシング枠を設定されることも多いです。
とは言っても、専業主婦に限らず、普通に生活をしていて10万円以上が急遽必要になることも少ないため、利用上限額10万円でも十分ではないでしょうか。

2.専業主婦が借りられるカードローンの平均限度額は10万円

上でも書きましたが、専業主婦が専業主婦向けカードローンで借りられる上限額は10万円までである場合がほとんどです。
収入が無い専業主婦を相手に融資をする訳ですからリスクヘッジとしてこれは致し方ないと言えるでしょう。
最高金利、低上限額などと不遇されていますが、専業主婦向けカードローンは、夫にカードローンの利用を内緒にしておきたい専業主婦をサポートするようなサービスが特徴です。
例えば、自宅への電話や郵送物を送らなかったり、と夫バレのリスクを大きく軽減してくれます。

 

2-1.配偶者貸付の限度額を30万までに限定している業者は多い

生活しているといつ何時お金が入用になるか分からないため、「10万円じゃ足りない!」という場合も出てくるかもしれません。
そんな時は、専業主婦向けカードローンではなく、配偶者貸付制度を利用してノンバンク系カードローンの利用も選択肢に入れると良いかもしれません。
制度を利用すれば配偶者の年収次第ではありますが、大体30万円までの融資をしてくれるところもあります。
ただし、配偶者貸付制度を利用する場合には配偶者の同意書が必要になることから、夫に内緒で融資を受けることは不可能な点だけは注意しておきましょう。

 

2-2.限度額や金利だけでなく月々の最低返済額も確認を

お金を借りる際は、年利と利用限度額が一番気になるところだと思いますが、それと同じくらい大切なのが約定返済日と最低返済額のチェックです。
特に、家計の中から返済を進めていかなくてはならない専業主婦にとって最低返済額の確認は必ずしておかなくてはいけません。
最低返済額はカードローンによって大きく異なるため、世帯収入を基に考える必要があります。
例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では月々の最低返済額は2,000円ですが、みずほ銀行カードローンでは10,000円となっています。
確かに完済するのは早いに越したことはありませんが、だからといって家計が苦しくなるほどの無理はしなくてもよいでしょう。
自分に合った返済額設定ができるカードローンを探すことをおすすめします。

3.限度額の制限が無ければ専業主婦も増額できる!

数は少ないのですが、専業主婦向けカードローンであっても、一定の条件を満たすことで10万円以上の限度額設定を行えるところもあります。
特に、みずほ銀行カードローン、じぶん銀行カードローンであれば、増額できたという喜びの声もチラホラ聞きます。
もちろん、全員が全員10万円以上の借入が出来るわけではなく、また、最初は10万円までの融資限度額が定められていることがほとんどです。
配偶者の収入、返済歴、信頼度、銀行口座の預金状況などから総合的に判断されてようやく上限を上げることができるため、すぐに20万円、30万円の融資が可能になるわけではありません。その点は注意しましょう。

 

3-1.増額申請できる基準とは

専業主婦であっても一部のカードローンであれば10万円以上の融資を受けることも不可能ではありません。
ただし、増額申請を通すためには、滞りなく返済を進め、大体半年ほどかけて信頼度を高める、そして配偶者の年収が一定のラインに達していることが条件となります。
ここで注意しなくてはならない事として、契約後半年経たずに上限の増額申請をしたり、一度審査に落ちた後に複数回短いスパンで増額申請をしたりすると、「お金に困っているから増額に必死なのか?」などとあらぬ疑いをかけられてしまい信用情報に傷が入ってしまうことがあります。
信用情報に傷があれば、それだけ増額申請はもちろん、各種ローンも組みにくくなってしまうので止めましょう。

4.専業主婦が30万以上借りられた口コミ体験談

「みずほ銀行カードローンの利用を始めてから1年程経ち、上限額に不満を覚えたこともあったため思い切って増額申請を出しました。夫の年収も平均より高く、お金も借りたらできるだけ早く完済していたため、思ってたよりもすんなりと増額申請が受け入れられました。現在では上限額が40万円で、キャッシング枠限界までお金を借りることはありませんが、それでもお金が必要になった時の備えとして安心できています。また、実は上限額が増えると利率が下がることもあるため利用しないと考えていても上限を高めておいて損はないと思います!(30代女性・専業主婦)」