専業主婦 カードローン 在籍確認

1.専業主婦が利用できるカードローンも在籍確認が必要?

カードローンを利用したいと考えた時に、一番気になるのは在籍確認の電話ではないでしょうか?
収入が無い専業主婦が銀行系カードローンを利用する場合には、基本的に在籍確認の電話はありません。
ただし、これは業者によって扱いが異なるため事前に調べておくことをおすすめします。
なお、収入がある主婦が一般利用者向けカードローンの審査を受ける場合にはパート先に在籍確認の電話がある可能性があります。

 

1-1.配偶者貸付の場合は職場への在籍確認なしが多い

では、配偶者貸付制度を利用して消費者金融といったノンバンク系カードローンを利用する場合はどうでしょうか?
旦那の収入を基にして融資を受けるため、夫の勤務先会社へ在籍確認が行きそうに思えますが、実際は在籍確認を行わないところが多いです。
ただし、配偶者貸付制度を利用する場合には、配偶者の同意書、収入証明書の提出が必要となるため、夫に内緒でカードローンを利用することはできません。
また、利用限度額を高く設定する場合には在籍確認が必要な場合もあります。
夫に隠れてカードローンを利用するのであれば必然的に専業主婦向けカードローンの利用になるでしょう。

 

1-2.審査時の電話は本人確認

専業主婦向けカードローンの審査時には在籍確認の電話はありません。
しかし、審査内容として本人確認電話をすることが含まれています。
ここで、一つ注意点があります。
それは、電話番号の欄を自宅固定電話にしないで携帯電話にしておく、という事です。
こうすることで、本人確認の電話を夫が取ってしまってカードローンがバレてしまう、というリスクを回避することができます。
携帯電話ならば、例え夫が近くにいても少し離れたところで電話連絡を取ればよいため安全に本人確認に応じることができます。

 

1-3.夫にバレずにお金を借りられる?

専業主婦向けカードローンは、夫に内緒でカードローンを利用したいと考えている専業主婦のニーズに応えて、できるだけ配偶者にカードローンの利用が悟られないようアレコレサポートをしています。
夫にカードローンがバレてしまう理由の多くは、郵便物と自宅への電話です。
カードローンの利用明細書や、督促状からカードローンの利用が知れてしまうケースが多いようです。
専業主婦向けカードローンでは、明細書をインターネットからのみ閲覧できるようにしたり、よっぽど返済状況が悪くない限りは電話をしなかったりと、細かいサービスが人気で利用者数が増えてきています。
ただし、いくら夫バレのリスクを抑えることができると言っても本人がボロを出してしまえば知られてしまうため、隠すのであれば常に気を使って隠し通しましょう。

 

専業主婦 カードローン内緒

2.在籍確認なしの専業主婦が夫にカードローンの利用を知られないためにできる事

尾よくカードローンの利用申請が通ったら、次はいかに夫に内緒でカードローンを利用することができるか、です。
内緒で利用するにあたって一番やってはいけないのが返済を遅延してしまうことです。
一度や二度だけ返済日を間違える程度なら大丈夫ですが、それが習慣化してしまったり、あまりにも返済を滞らせていると自宅、酷いケースだと夫の勤務先へ催促の電話が来る可能性があります。
電話から夫にカードローンが知られてしまわないよう、返済日、返済額には細心の注意を払い、借入れたお金はできるだけ早く完済しましょう。

 

2-1.自宅への郵送物に要注意!

電話以外では、郵送物からカードローンが知られてしまう可能性もあります。
特に、カードを郵送で送ってもらう場合には特に注意した方が良いでしょう。
対策としては、直接銀行窓口に赴いてカードを受け取る旨を伝えたり、そもそも専用のカードが無い、キャッシュカード一体型のカードローンサービスを使うようにしましょう。
例えば、みずほ銀行カードローンの場合、みずほ銀行に普通預金口座を開いていればキャッシュカードにカードローンの機能を付けることができるため、無駄に郵送物が届いたりすることもありません。
また、ふとした拍子に夫に専用カードを見られることもないため心配の種が減ります。

 

2-2.お申し込み時の契約書が郵送不要なカードローン

カードローンに申し込みする際には、インターネット、電話、郵送の3つの方法があります。
この内、インターネットでの申請以外では少なくとも1往復、多いと2,3往復の書類のやり取りが発生するため、それだけ夫にカードローンが知られてしまうリスクが高まります。
これに対して、インターネットからの申請では紙書類が不要になることもあるため、安心です。
これも銀行によって扱いが異なるため、問い合わせるなり、銀行のホームページを見るなどして事前に調べておくことをおすすめします。

 

2-3.利用明細をweb明細にすれば郵送物がなくなる!

現在では、インターネットの普及も相まって紙の利用明細書ではなく、web明細のみにしているカードローン業者も増えてきています。
明細は契約時に選択できる場合が多いため、web明細にしたいのであればその旨を記入、あるいは伝えましょう。
以前まで、夫にカードローンの利用がバレてしまう原因の1,2位は明細書によるものだったため、web明細の台頭は非常にありがたいと言えます。
基本的に、郵送物といえば督促状と明細書だけであるため、この2点に気を付ければ郵便物から夫に知られてしまう可能性はほぼゼロであると言えるでしょう。

 

2-4.支払い忘れにも要注意!

先程も説明しましたが、専業主婦向けカードローンの利用中に夫にバレてしまう原因の多くは、督促状と電話です。
特に、電話は自宅へならば運が良ければ問題ありませんが、夫の勤務先へ返済催促の電話がいってしまうと隠し通せるものではないため、返済には細心の注意を払う必要があります。
逆に言えば、支払い忘れをしなければ夫バレの可能性は限りなくゼロに近いため、「返済日と返済額を間違えない」という2点に注意しておけば問題はないでしょう。
忘れっぽい人は携帯電話のカレンダーアプリで返済日を強調しておくなどの対策をするとよいでしょう。

3.夫にバレずにカードローンを利用している主婦の口コミ体験談

「子どもも学校に通うようになり、夫の収入だけではカツカツになってしまうためカードローンの利用を始めました。専業主婦向けカードローンは、支払日に気を付けて、できるだけ早く完済を済ませてしまえば夫に内緒で利用できると聞いていたため、返済に関しての事だけは特に注意をしています。おかげさまで、利用を開始してから3年目になりますが、一度も利用が知られたことも、気付かれたこともありませんでした。これからも無理の無い返済計画をたてて、夫に内緒で使い続けたいと思っています(30代女性・専業主婦)」