専業主婦 カードローン 複数

1.専業主婦が複数のカードローンを利用できるか徹底検証!

夫の収入だけではなかなか自分の欲しいものが買えない。
しかし、今回だけは、これだけは絶対に買いたいというものが見つかった時、旦那にはばれない様にいつもとは異なるカードで、カードローンを利用したい!
でも、専業主婦だから無理でしょう。と思いとどまっているそこのあなた!
専業主婦でも複数の銀行系カードローンが利用できます。
しかし、パートなどによる収入がある主婦とは異なり消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の利用は不可能となります。
本当に何社もカードローン利用できるの?と思っているあなた。
これから説明して参ります。

 

1-1.専業主婦が利用できる銀行系カードローンは配偶者貸付

次に、上でも申し上げましたが、専業主婦は自らの収入がないため、パートやアルバイトによって収入がある主婦とは異なり、銀行系カードローンのみしか利用できません。
また、その申し込みの条件としては2つあり、1つは夫に毎月安定した収入がある事です。
夫の年収の合計の3分の一までの金額を借り入れることができるという配偶者貸付という事になります。
2つ目は身分証明書の提示が出来ることです。
しかし、例え専業主婦で配偶者貸付であってもこの二つがあれば、保証人や担保は必要なく、また旦那に許可なく借りることが出来ます。

 

1-2.銀行系カードローンの配偶者貸付は総量規制対象外

銀行カードローンが配偶者の収入をもとに、専業主婦に融資を行っていることは分かりました。
しかし、専業主婦が銀行カードローンを利用できる最も大きな理由は別にあります。
それは、総量規制という仕組みです。総量規制とは、個人に過度の貸し付けを行わせない様に個人の債務の合計が収入の3分の一を超えてはいけないという制限のこと。
銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、収入のない専業主婦にも融資を行っているわけです。
従って、理屈で考えると、専業主婦が複数のカードローンを利用して高額な借入をすることは可能です。
ただし、これはあくまでも返済能力があると判断された時に限られます。

 

1-3.利用限度額は配偶者の収入によって変わる

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、総量規制の対象外だからといっていくらでも借りられるわけではありません。
通常、専業主婦の利用限度額は30万円程度に限定されていることが多いのです。
とはいえ、配偶者の収入が多ければ利用限度額いっぱいで契約できる可能性が高くなるのも事実。
専業主婦が30万円の借入をできれば十分ではないでしょうか?
ただし、大抵の場合、初回契約時の利用限度額は10万円程度に設定されます。
専業主婦の場合、あまり高額な借入はできないと考えておいた方が良いでしょう。

2.専業主婦が同時に複数のカードローンを申し込むのは危険

専業主婦は総量規制対象外のカードローンからしか借りられませんので、総量規制は関係なく、複数の金融機関からお金を借りることはできます。
そのため、新たにカードローンを他社で申し込まれるときに、借りている額を返済することが出来るかなどをしっかりと把握しておかないと大変なことになってしまいます。
複数持ってしまっていることでどのカードのローンがどれだけ残っているのか、どのカードでどれだけのお金を借りたかがあいまいになり、また誰にも相談できない立場に立ってしまった場合などを考えるととてもリスクが大きくなってしまいます。気を付けましょう。

 

専業主婦 カードローン 申し込みブラック

 

2-1.申し込みブラックになる可能性

複数のカードローンを利用したいからといって、何社も同時に申し込むのは避けましょう。
もし、立て続けに何社ものローン会社に申し込みをしてしまうと、申し込み記録がすべて残ってしまい、また何社も同時に申し込むなんて、よっぽどお金がないのだろうな・・・
返済できるのだろうか・・・などの疑問を相手に与えてしまい返済できないと判断されてしまうため、「申込ブラック」と設定されてしまう可能性があります。
この様に判断されてしまうことを知らなかったためにブラック扱いになっている人も少なくないため、多重申し込みは避けてください。

 

2-2.最低でも空けた方が良い期間とは

上記したように多重申し込みをしてしまうと「申込ブラック」という扱いになってしまうため、申し込みは一社ずつにしましょう。
しかし、例え一社ずつ申し込みをしたとしても期間をしっかりと空けておかないと履歴がすべて残っているため、多重申し込みと同じ事になってしまいます。
全国銀行個人信用情報センターにおいては、申し込みの情報が半年残ると明記されているため最低半年の期間は空けるようにしましょう。
例え追加で一社申し込み、審査で落ちてしまった場合であっても次に申請をするのは半年たってからにしましょう。

3.専業主婦が複数のカードローンを所持する場合も申告が必要

専業主婦の方々も金利の関係などで複数のカードローンを所持したいとお考えになる事がありますよね。
しかし、その場合は申告が必要となるのでしょうか?
結論から言うと、申告は必要です。カードローンの申込書には、他社借入状況の記入欄が必ず用意されており、何社からいくら借りているか?という点は申告しなければなりません。
他社借入がある場合、審査で不利になることもありますが、嘘偽りなく申告して下さい。
審査担当者は、必ず申込者の信用情報を調査し、他社借入状況や過去の借入状況をチェックします。
嘘をついても必ずばれてしまいますし、嘘がばれた時点で審査には落とされてしまいます。

 

3-1.家計に無理のない返済計画が重要

複数のカードローンを利用するなら、借りることと同時に、返済についてもしっかりと考慮しましょう。
お金を借りるという事には、どうしても金利が関係してきます。
金利が利息の支払いに直接影響しますから、できれば低金利で借りて、すぐに返済したいもの。
基本的に数か月の借り入れであれば利息総合計は多くないはずです。
また、契約後に金利を下げてもらうことは難しいため、借りる前にしっかりと考えてからお金を借り、返済期間を決めましょう。
数か月で返済しきるのか、それとも年単位で返済するのかをもしっかりと最初に考えておかなければ生活費に支障が出てしまい、返済が重荷になってしまうため、借入状況や利用金額などはしっかりと把握しておきましょう。

 

3-2.借入金額に対する金利とは

通常、カードローンでは利用限度額に応じて金利が設定され、利用限度額が大きくなるほど金利は下がります。
例えば楽天銀行のカードローンの場合、借入金額が10万円以上100万円未満:年14.5%、100万円以上200万円未満:年9.6%〜14.5%、200万円以上300万円未満:年6.9%〜14.5%、300万円以上350万円未満:年4.9%〜12.5%、350万円以上500万円未満の場合は4.9%~8.9%、500万円の時金利は4.9%~7.8%となります。
しかし、専業主婦の場合、利用限度額は大抵10万円程度。多くても30万円〜50万円といったところです。従って、上限金利が適用されると考えておいた方が良いでしょう。

4.複数のカードローンを利用できた専業主婦の口コミ体験談

多くの女性が複数のカードローンを使用しています。
「銀行カードローンを利用していたのですが、限度額が10万円と少なく、急な出費でどうしてもお金が必要になりました。専業主婦がカードローンをもう一つ利用できるかどうか不安だったのですが、思い切って申し込んでみたところ、審査に通ったんです!以前から利用しているカードローンは、返済だけは遅れないように気を付けていました。また、他に借入も一切なかったので、その辺りが評価されたのかもしれませんね。何社でも契約できるわけではないと思いますが、借りて返すということをきちんと続けていれば、専業主婦でも2社程度ならカードローンを利用できるのではないでしょうか?」(20代・専業主婦)