専業主婦 カードローン 借り換え

1.専業主婦が借り換えに利用できるカードローン

専業主婦は自らの収入がないため、パートやアルバイトなどの収入がある主婦の方々とは異なり、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行系カードローンのみしか利用できず、アコムなどの消費者金融からは借り換えはできません。
今ある借入を他のカードローンで借り換えるのであれば、銀行カードローンを利用することが必要です。
また、専業主婦の場合は利用限度額が制限されるケースがあるなど、いくつか注意すべきポイントがあります。
順に説明していきますので、借り換えを検討しているなら、注意点などをよく理解した上で申し込むことをおすすめします。

 

1-1.銀行系カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンは、消費者金融と異なり、総量規制の対象外となっています。総量規制とは、過度な借り入れを防ぐため、個人の借入総額を年収の1/3までとする仕組みのこと。
この対象から外れているために、収入のない専業主婦も銀行カードローンを利用できるのです。
従って、理屈で考えると、借入総額の制限がないため借り換えをするのには向いていると言えます。つまり、他社に多額の借入があっても全額を借り換えることが可能というわけですね。
また、銀行カードローンは低金利のものが多いので、借り換えに向いていると言えるでしょう。

 

1-2.専業主婦は利用限度額の制限に注意

消費者金融などの様に年収の3分の1しか借りられないという規制があるところとは異なり、銀行系カードローンは総量規制がないため、限度額が100万円や200万円、あるいは300万円を超えるまで収入証明を提出する必要がありません。従って、他社に多額の借入があっても全てを借り換えできる可能性があります。
しかし、注意してほしいのは、専業主婦の場合、利用限度額が制限されるケースがあること。
会社員などと比較すると、専業主婦は少額の借入しかできないことが多いのです。
具体的に、カードローンによっては、専業主婦の利用限度額を30万円程度に制限していることがあるので、確認が必要でしょう。
「このカードローンなら全額借り換えできる」と思っても、限度額が制限されて、希望額に届かないことが考えられます。

2.専業主婦のカードローン借り換え時の審査

専業主婦のカードローン借り換え時の審査には個人情報が必要となります。
個人情報には生年月日や氏名から過去に借り入れがあるかないかなど様々な項目があります。
それぞれのカードローン会社によって審査の際に見ている点は異なりますが、必ず個人情報などが照会されます。
申告に嘘はないか、すでに多くの借入はないか、過去の借入で延滞はないか、破産などの事故はないかなど、申込者が信用できる人であるかどうかが判断の基準となっています。
個人の信用情報は信用情報機関で見ることが出来ます。

 

2-1.標準審査だから安心して申し込みできる!

専業主婦が借り換え目的で申し込みをしたからといって、何か特別な審査があるわけではありません。
個人情報の照会で、嘘はないか、信頼できるかなどをチェックするだけであって、一般的な方法で審査が行われるため、女性であっても安心して申込することが出来ます。
また、配偶者である夫が年間を通じて大きな差がなく安定した収入があれば、上記のことが少し欠けていたからと言って落とされることはないでしょう。
カードローン会社にとって大切なことは、借り換えであっても借り入れであっても、返済はしてくれるか、自分たちにデメリットにならないかという点で物事を審査しているためそこをしっかりと理解していけば審査通過するでしょう。

 

 

3.専業主婦がカードローンの借り換えをするメリット

カードローン借り換えの一番のメリットは金利が下がるという事です。
例えば金利18%のA社からお金を借り、金利14%のB社へ借り換えをすると決めるとします。
その場合、50万円が借入金額で、30日ごとに15000円を支払ったとします。
毎月同じ額を返済しているにも関わらず、利子が4%異なるだけで、6回返済した場合で9724円の開きが出ます。
このように借り換えをすることはメリットしかないのではないかというほど、メリットが多いので、金利を見て決めることで、得することも可能です。

 

3-1.専業主婦がカードローンの借り換えをするデメリットはある?

借り換えのデメリットは、返済総額が借り換え前より増えてしまうこと。「どうして金利が下がるのに返済総額が増えるの?」と疑問に思うかもしれません。
しかし、借り換えの落とし穴は意外なところに隠されています。
具体的に説明すると、借り換えで金利が下がるのは良いのですが、問題は毎月の返済額も下がっているケース。月々の返済が楽になる反面、返済期間が延びてしまうのです。
そうると、最終的に利息を多く支払っていることになり、借り換え前より返済総額が増えてしまうというわけです。
借り換えを検討するなら、返済シミュレーションなどを利用し、しっかりと返済計画を立てましょう。

4.低金利の専業主婦向き借り換えカードローン

まず一つめは、借りる・返すがネットでできるため、ばれない、また低金利の東京スター銀行のスターカードローンです。
日ごろからネットバンキングを利用している人であれば、専用お申し込みページにアクセスすると、ローンカードの発行もなく、借り入れ、返済、口座の開設などのすべてのやり取りがパソコン上でできるので内緒にしておきたい専業主婦の人に特におすすめです。
また、ネットでは怖いという方は電話での申し込みも大丈夫です
金利という面でという方であれば、KDDIと大手都市銀行の三菱東京UFJ銀行が出資をしたじぶん銀行カードローンというネットバンクがおすすめです。
実店舗をもたないネットバンクのカードローンですが、手数料無料で利用できる提携ATMが多く、コンビニATMからも借入・返済ができるため、安心して利用できます。

 

専業主婦 借り換え おすすめ

 

4-1.おすすめの銀行系カードローンを徹底比較!

銀行系カードローンは沢山ありますが、その中でも上記で紹介していないおススメの銀行系カード、バンクイック、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローンの3つの特徴を比較してみます。
スピードや金利の割合などにより評価の高さは異なりますが、まず融資のスピードが速いのはバンクイックです。
審査時間は最短30分という驚きのスピードで即日融資にも対応しています。
融資額で見てみると最大限度額はイオン銀行の800万円ですが、専業主婦の利用限度額は多くて30万円程度と考えておいた方が良いでしょう。
それぞれのホームページを見ることで詳しい内容は理科してもらいたいですが、
申込みの際の手続きの、最大限度額、また自らの希望限度額など様々な点から会社を見、自分に合った会社を選んでいただきたいです。

 

4-2.借り換えを利用した専業主婦の口コミ体験談

借り換えを利用した30代の主婦の口コミ体験です。
「イオン銀行カードローン借り換えの良いところは、金利が低いと共に、ワオンをよく利用するのであればポイントがたまるという点です。また口座を理由する場合に、夏に行われるキャンペーンの金利が他の銀行よりも優遇され、またカードローンを返済するATMが常に空いているという点です。しかし、近くにイオンがなければ少し不便かもしれません」
自分に合った銀行ローン借り換えを見つけることが一番の重要な点のようですね。
イオン銀行に加え、セブン銀行なども身近な銀行系カードローンが可能な銀行のひとつで、コンビニATMに行けばすぐに利用することができる便利な銀行です。